町会の歴史

大井の古今(地域の変換と消防のかかわり)の刊行物を参考に書く。ー倉本勇治記ー


 森前から西大井一丁目へ

 大井地名考で明治9年に地租改正の法が施行されて森前と森下に分割されたと記してあるが、幕末の時代には既に通称森下・森前と呼んでいたそうである。

 また、一方、明治・大正の時代は東京府荏原郡大井村(町)森前と称していたが、昭和7年10月1日には東京府に市制が布かれて東京市品川区大井森前町と改名されたのである。

 その後、昭和39年に住所表示が変更されて大井森前町から現在の西大井一丁目となった次第である。  


路傍

 西大井一丁目七番には路傍がある。これは、元禄8年(1695年)に建てられたものであり、この道標に森前と刻まれてある同場所は旧分岐点で、右面に「これより奥沢・九品仏」左面に「是より池上本門寺道」と刻まれてある。

 


明治・大正時代の森前町

 明治・大正時代の森前町一帯は民家は少なく殆ど田畑であった。作物は「ほうれん草「人参」がとれたそうである。

 明治の初期頃には「萩原」「酒井」「安田」「倉本」「秋元」「増山」で、計8軒の家があったと思われる。

 この時代には品川用水路が流れていた。水路は「品鶴線」が開通する以前の話で、「西大井6丁目」から今の「Jタワー」の前を流れて「西大井広場公園」の前を通過して「滝王子」に至っていた。


古い西大井の地図

古い西大井の地図
古い西大井の地図

日本光学株式会社と小野学園

 大正7年に「日本光学株式会社」が設立されて戦時中は光学機器を製作、戦後は光学器・カメラ等を製作、現在に至っている。「日本光学株式会社」の隣接には「学校法人小野園」がある。


三菱重工業

 JR西大井駅前のマンション「コア・スターレ西大井」と「西大井広場公園」の以前は大正9年に「三菱重工業」が昭和49年に閉鎖されるまで、戦時中は戦車、戦後は農耕機具を制作していた。


朝日稲荷神社

 同工場の裏手の立会川の淵に「朝日稲荷神社」が祭られてあったが、そのお宮は工場と共に移転した。戦前この「朝日稲荷神社」では、毎年5月19日は祭礼日で縁日に演劇にアマチュア相撲が行われていた。


日本光学・三菱重工業・小野学園の面積

 「日本光学」「三菱重工業」「小野学園」の3者の占める敷地面積は、町内の約50%を占めていたと思われる。


強制疎開

 太平洋戦争下、昭和19年に日本光学と三菱重工業の周辺の住民は強制疎開が布かれ、人々は地方へ疎開していった。その為森前町の人口は減り、町を行き通う人は疎らであったことを記憶している。

 昭和20年8月15日の終戦と同時に人々は疎開先から戻ってきて社会が安定して行くにつれ町内の人口が激増して現在に至っている。


財団法人賛育会病院の移転

 西大井駅周辺一帯を見渡すとJタワー9階のA棟・28階の高層ビルやコア・スターレ西大井が聳え、町の商店街の賑やかさを一段と醸し出しているのが印象的である。

 現在のJタワーのところで、昭和の初期から財団法人賛育会病院が診療を行っていたが23年頃移転した。


玉川水道タンク

 一方、森前町のシンボルでもあった玉川水道のタンクが数年前までのシルバーセンターの敷地にあった。昭和30年に撤去されて名物が消えてしまったのは寂しい。

(左の図をクリックすると拡大します)


コア・スターレ西大井と三菱工業跡地

 西大井の三菱重工業の跡地の再開発が昭和55年頃から始まり昭和60年にかけて地上14階と18階のマンション「コア・スターレ西大井」が完成した。其処には再開発の碑が建てられいる。当時其処に住んでいた人々は近隣へ引っ越された。

 マンション「コア・スターレ西大井」が建設されて賑やかになった事と更に J タワーが完成されて駅前に10店舗が出来ては更に大変な賑わいである。



JR西大井駅

 昭和4年に品川・鶴見間に鉄道が敷かれ、「品鶴線」と呼ばれた。「西大井駅」を開設するという話であったが立ち消えとなった。当時、原の踏切付近に駅舎が出来るという話だったので、その西側に渡った今の西大井6丁目にそれを当て込んで2階建ての店舗が2軒建てられたのを覚えている。

 昭和12年7月7日「日支事変」が勃発し、多くの兵隊さんが品川駅と大崎駅から品鶴線を利用して戦地へ行った。原の踏切番のおじさんが軍用列車の通過時刻を教えてくれて、皆で日の丸の小旗を振って見送ったものだった。

 戦後、しばらくしてから横須賀線が品鶴線に乗り入れることになり、昭和61年4月1日に57年ぶりに JR 西大井の新駅舎が完成、営業を開始した。乗降客は地元の人とニコンの社員や小野学園・朋優学園の生徒である。